So-net無料ブログ作成

紀伊から伊勢 長い道のり 阿曽温泉 [三重県]

行きと同じで和歌山から三重までは下道で長い長い道のりで、くたびれてきたため、途中の阿曽温泉へ立ち寄り。
看板が手作りでもう少し鄙びた感じかと思いきやセンター系のお湯。
その後高速に乗るも渋滞にひっかかり途中で降りて某温泉に立ち寄り。下道でバイパスし伊勢湾岸道路へ。
(2007-11-24)



阿曽温泉
阿曽温泉★
カルキ循環土類泉
500円○10~21
三重県度会郡大紀町阿曽429
TEL 0598-84-8080
水曜休(祝祭日は翌日)
公営日帰り温泉で入り口には笑門という額がかっている。タイルの浴槽の内湯のみで、縁と底には白い析出がこってり。源泉は27度pH6.2総計10グラム循環でカルキ臭、コーティング感きしきし感があり、湯上がり後は肌に粉がふく。
大紀観光協会のHP



某温泉
共同浴場★★★★
単純泉
250円×16~21(~20:30受付)
三重県
月・火曜休
集落の中にある共同浴場。タイルの浴槽に熱い加熱された源泉が浴槽内にホース投入され付近の底に砂が溜まっている。湯温は非加熱のぬるい源泉とで調整される。源泉は38度pH8.5総計0.51グラム薄い黄色で微モール臭甘味微渋味、微ぬるすべ、ややきしきし感がある。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます