So-net無料ブログ作成

登山電車と菱野温泉常盤館 ランプの宿高峰温泉 古民家で過ごす休養村とうぶ [長野県]

関東は、靄がかかって小雨模様でしたが、山を越えて長野に入ると晴れ混じりのうす曇り。
小諸ICから菱野温泉までは、すぐで常盤館で早速受け付けして登山電車に乗り込み発車ボタンを押して発車上から中間点で対向車とすれ違いケーブルカーと同じ。
露天からは流石に八ヶ岳を望むことはできませんでしたが、佐久、小諸市街が見下ろせ景色も良かった。かけ流しが、小さい樽風呂ひとつなのが物足りないものの、無いよりは全然OK。
宿泊場所で待ち合わせまでまだ時間があり、おなかも余り空いていなかったのできれいな2車線のチェリーパークラインを標高差1000m上って高峰高原へ。
さらにスキー場をダート道で横切ってランプの宿高峰温泉へ。流石に2000mヒンヤリした風が流れています。宿の周りにたくさん車がおいてあったので混雑をしていないか心配だったが、先客2名のみでゆっくり冷泉を堪能できました。
東御市にある大田区休養村とうぶで一泊。

離れで川中島の家という古民家を移築改装したもので学校の宿泊にも利用されている大きな4部屋+先生部屋があります。
(2007-07-21)



菱野温泉
常盤館★★★★
単純泉
1000円○11~19
長野県小諸市菱平762-2
TEL 0267-22-0516
無休
登山電車で登る雲の助の湯が名物。佐久、小諸などが見下ろせる。露天の小桶風呂は掛け流しで熱め。細かい加温の泡付きがある。源泉は26度pH8.6総計0.5グラムややアンモニア臭甘味微渋味で、ややきしきし感がある。床は成分で白くなっている。他の内湯、露天は循環でカルキ臭あり。
常盤館のHP



高峰温泉
高峰温泉★★★★☆
明礬冷鉱泉
500円×11~14
長野県小諸市高峰高原704-1
TEL 0267-25-2000
無休
高峰高原スキー場をダート道で横切り標高2000mの新しい建物の高峰温泉に到着する。日帰りはランプの湯のみで名の通りランプの掛かった浴室は木造の加温浴槽と源泉浴槽があり、源泉浴槽は固く白い析出で覆われかけている。湯は爽やかで泡付き、きしきし感があり、それほど冷たく感じない。緑礬臭に硫黄味エグミ渋味、やや濁りで白い湯華がある。源泉は800m引き湯で高峰温泉2号泉25度pH6.6総計1.6グラム。加温槽は循環だが強力磁石殺菌で消毒臭なし。
高峰温泉のHP



金原温泉
大田区休養村とうぶ★★★
弱食塩循環泉
宿泊(650円)○11~20
長野県東御市和6733-1
TEL 0268-63-0261
大田区の施設で離れの古民家を移築した川中島の家に宿泊。移動学校にも使われ部屋は4部屋に先生部屋もある。食事と風呂は本棟になる。展望風呂は広く42度に設定され湯量の多い循環。やや小さめの大風呂は40度に設定されている。源泉は59度pH7.8総計2.1グラム薄い黄濁りでゴム臭甘味やや渋味、すべすべがあり暖まる。
大田区休養村とうぶのHP


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 2

浦島太郎

小諸にも温泉が沢山あるんですね。
これからは、長野ももう少し開拓してみようかな・・・
by 浦島太郎 (2007-08-30 02:03) 

温泉旅人

>長野は群馬以上に温泉どころですから、たくさんありますね。私もこれから開拓です。
by 温泉旅人 (2007-08-30 12:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます