So-net無料ブログ作成

アサヨ峰・高嶺 早川尾根縦走 奥湯村温泉 [山梨県]

当初は穂高岳に行こうと思っていたものの天気ぎ微妙だったので、もう少し天気の良さそうな南アルプスへとターゲットを変えました。
北沢峠へはいつもは伊奈からですが早川尾根を縦走するため下山予定の広河原へアクセスの良い芦安から向かう事にし、前日に北沢峠へ入るべく芦安に向かいましたが、13時のバスに乗れませんでした。
暑そうなので、温泉付きビジホで一泊して翌朝6時にホテルをでて7時10分の北沢峠行きの始発のバスに接続先する乗り合いタクシーで登山口へと向かいました。
ちなみに広河原へも前回には奈良田から行ったので芦安からのバスは初めてです。
P7011819.jpg
久々のテント縦走でザックの重みが結構応えてアサヨ峰まででバテ気味で1日目の目的地の早川尾根小屋までかなりゆっくりペースになりました。
早川尾根小屋のテント場はハエが多いのが難点でしたが、樹林帯で風もよけられ良い環境でした。また、テンバの水場はゴミ混じりで上澄みを使用しましたが、美味しい水でした。
2日目は、余裕があれば鳳凰山の地蔵ヶ岳まで行く予定でした。
テントのグランドシートを乾かすためザックに取り付けていましたが、風が強くなったので、レインウェアを取り出しているうちに、風でグランドシートが飛ばされ5~6m崖下のハイマツに引っかかっているのが見えたのでハイマツの枝を渡って下り回収したものの登りはハイマツの枝を掻き分けて登山道に復帰しましたが余計な体力を消費してしまいました。
高嶺から鳳凰山の地蔵ヶ岳か赤抜沢の頭まで往復も考えていたものの少しバテているので無理はせずに高嶺で引き返し広河原へ下る事にしました。
白鳳峠からの下山ルートも思ったより大変でした。
四年前に甲斐駒ヶ岳の次の日にピストンで登ろうと思っていたアサヨ峰。風邪気味の体調とポールをタヌキに もっていかれて、意気消沈で断念しましたが、今回は久々のテント縦走、体力的にやや厳しかったものの、稜線上は夏になって多種の花を見る事もでき、天気も良く満足できました。
(2016-07-02)


DSC_3026.jpg
奥湯村温泉
紅椿の湯★★★☆
700円○10~22
山梨県甲府市羽黒町1520
TEL 055-254-4500
湯村温泉より少し奥に入った住宅地にある日帰り温泉施設。内湯はタイル張りの浴槽で源泉投入と浴槽内循環で薬品臭がする。湯村温泉紅椿の湯44度pH8.5総計1.67グラム、ナトリウム456mgカリウム7mgカルシウム139mg鉄0.1mgフッ素3mg塩素923mg臭素2mg硫酸72mg炭酸水素15mg炭酸2mgメタケイ32mgメタホウ15mgきしきし感がある。二階にある食堂でアジフライと鮪の紅椿定食800円を食べた。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます