So-net無料ブログ作成

位山から川上岳へ天空遊歩道往復し 湯屋温泉 泉岳館の炭酸泉に [岐阜県]

夜にモンデウス飛騨位山に到着し仮眠をとった後、朝に臥龍温泉にパートナーを送り
ダナ平林道で位山の巨石群登山道へ。ここから登り始めて天空遊歩道で川上岳まで縦走しピストンするコースです。
位山は高山市の南にある山で1529m昔の官位杓の材料のイチイの木がこの山から採取されたことからこの名前が付いたようです。
また位山から続く川上岳は1623mで連山の最高峰になります。
距離はそこそこあるものの標高差はそれほどないので楽々かとおもっていましたが。
PB082766.jpg
位山までは楽な登りで雲海を時折眺めながら到着。途中うっすら噴煙を吐く御嶽山が望めました。
その後アップダウンを繰り返しながら川上岳へと向かいます。
PB082773.jpg
川上岳の登りは緩やかで比較的楽に山頂に到着。丁度頂上のみ雲がかかって見晴なし。
元来た道を戻りますが、位山までのアップダウンの途中でガス欠でばててしまいアップアップしながら位山に戻ってきました。
下山後は臥龍温泉にパートナーを迎えに行き宿泊先の湯屋温泉の秘湯を守る会の宿でもある泉岳館に直行です。
湯屋温泉といえば炭酸泉ですが、加温すれば当然抜けてしまうのですが、泉岳館の泡付云々が気になって料金が少し高いものの奮発してみました。
(2014-11-08)


DSC_1874.jpg
湯屋温泉
泉岳館★★★★★
炭酸泉
宿泊17150円
岐阜県下呂市小坂町湯屋427-1
TEL 0576-62-3010
秘湯を守る会の宿。
DSC_1875.jpg
川沿いの10畳広縁トイレ付きの部屋に宿泊。
DSC_1884.jpg
食事は夕食部屋出し朝食は広間で温泉粥がおいしい。
DSC_1876.jpg
石造り浴場には石張りの浴槽が二つあり上段は掛け流しで浴槽の底から加温源泉と非加熱源泉が温度で投入され炭酸の泡付き多量で微金気臭鶯色に濃く濁り油が表面に少々浮いている。下段の浴槽は流れ込みありの浴槽内循環で薄い鶯色の濁りがある。
DSC_1882.jpg
貸し切り露天風呂はチェックイン時に予約の屋根付きの広い岩囲いの浴槽で錆色の湯華の溜まった鉢の湯口から少量の投入があり加温循環で微濁りに微二酸化塩素臭がある。錆色の析出が付着する。泉岳館泉17度pH5.7総計2.24グラム、ナトリウム283mgカリウム11mgマグネシウム3mgカルシウム38mg鉄4.1mg塩素190mg硫酸2mg炭酸水素586mgメタケイ41mgメタホウ23mg二酸化炭素1053mg男浴場前に源泉の飲泉所があり微々鉄味炭酸エグミやや渋味ややきしきし感がある。
泉岳館のHP

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます