So-net無料ブログ作成

雌阿寒岳登山後の温泉 オンネトー温泉 阿寒湖畔温泉 鐺別温泉 [北海道]

天気予報で午後も天気がよさそうなので予定を1日早めて雌阿寒岳に向かいました。
朝食後に1時間走っての登山口到着で10時前とスタートは少し遅くなったもの出発。
のひたすら登りとはいえ今期4回目の登山とあって以外に楽で噴煙を音を立てて上げる火口の縁を通って頂上に到達。
NEC_4884.jpg
景色は登ってくる途中が良かったので少し降りてから昼食タイムを取り、コースタイムぴったりで休憩含めて4時間で下山しました。
登山後は駐車場すぐにある足元自噴の京福に立寄りました。
登山バッジを購入するためオンネトー茶屋に行ったものの売り切れで、なんと京福にあるとのことで戻り無事購入できました。
その後は、阿寒湖に向かい鶴雅で立ち寄りましたが流石に人気の宿だけありました。
川湯に向かう前に鐺別温泉の温泉銭湯へ立ち寄り、弟子屈の目に入ったレストランで夕食にハンバーグを食べて宿に向かいました。
(2011-08-03)


NEC_4891.jpg
オンネトー温泉
景福★★★★★
含石膏芒硝硫化水素泉
300円×10~20
北海道足寄郡足寄町茂足寄162-1
TEL 01562-9-7370
雌阿寒岳登山後に立ち寄り山バッジも購入した。民宿。内湯は木造りの浴槽で下は岩盤で砂利が敷かれた下から足元自噴で透明。ぬるい湯はパイプで排出される。露天は岩囲いの広い浴槽でやや白濁して水色に見える。白い析出に硫黄のクリーム色が付着している。景福源泉41度pH5.8総計3.79グラム、マグネシウム215mgカルシウム339mgマンガン11mg硫化水素1.8mg硫酸1365mg炭酸水素281mgメタケイ233mgメタホウ23mg二酸化炭素544mg遊離硫化水素31.6mg焦げ硫黄臭硫黄味炭酸エグミ渋味すべすべでややきしきし感があり後でじんじん感がある。
景福のHP


NEC_4892.jpg
阿寒湖温泉
あかん遊久の宿鶴雅★★★★
単純泉
無料(1470円◎)14~17
北海道釧路市阿寒湖町阿寒湖温泉4丁目6-10
TEL 0154-67-2531
HOの手形で入浴。高級旅館。1階の浴場の豊雅殿に入浴。庭園露天風呂、鹿泉の湯、丸太風呂、座湯、石風呂、隠れ湯、洞窟風呂、低温夢の湯、檜風呂、泡風呂など多くの浴槽がある。深緑色で透明度50cm位に濁り。正次7号源泉60度pH7.0総計0.91グラム、カルシウム19mg硫酸49mg炭酸水素360mgメタケイ187mgメタホウ44mg新7号泉源37度pH7.2総計0.67グラム、マグネシウム14mgカルシウム25mg鉄0.8mg硫酸53mg炭酸水素247mgメタケイ170mgメタホウ3mgまろ味やや渋味すべすべできゅきゅとした肌触りがある。
あかん遊久の宿鶴雅のHP

あかん湖鶴雅リゾートスパ鶴雅ウィングス(旧遊久の里鶴雅)





NEC_4894.jpg
鐺別温泉
亀の湯★★★
芒硝泉
200円×6~20
北海道川上郡弟子屈町桜丘2-3-1
TEL 0154-82-2233
外観は綺麗に改装されている番台式の銭湯。中は古びたタイル張りの浴槽で溜め湯で微濁りがありなまり気味で微磯臭。コックをひねるとやや熱い源泉が出てくる。カランの蛇口も温泉。桜丘温泉83度pH8.7総計0.91グラム、カルシウム53mg硫酸337mg炭酸水素26mg炭酸イオン12mgメタケイ82mg甘いコーヒーの様な香り微塩気収斂味やや渋味ややきしきし感にやや疲労感がある。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます