So-net無料ブログ作成

知床半島くるり湯めぐり カムイワッカ温泉 セセキ温泉 相泊温泉 羅臼温泉 トーヨーグランドホテル温泉 川北温泉 [北海道]

良い天気なので雌阿寒登山や斜里岳登山なども考えましたが今日は知床観光にしました。
阿寒湖から知床自然センターに到着。9時半にカムイワッカ湯の滝行きのバスチケット購入。
前に行ったときは人一杯だったので、今回は平日&林道規制中で人は少ないだろうと行ってみました。
十数名でバスが来るたび全部入れ替えなので入浴したのは一人だけ。今となっては見るだけ観光地?
帰りのバスの出発を待つ間に阿寒湖でチェックアウト後もらったメロンパンを食べました。
バスから野生の羆が間近で見られないかと期待しましたが、流石に見れませんでした。
知床峠を越えて羅臼へ。この日は干潮時間が長いのを予め確認済みでセセキ温泉に入浴し番屋でお土産に昆布を購入しました。
次に相泊温泉へは途中の看板を見落とし、港の行き止まりまでいってしまってうろうろしたものの、もっと手前に戻って入浴。
少し戻って熊の湯に行きましたが、観光客もけっこう多くマナーの悪い人が怒られてました。
時間が気になりだしたが標津方面に向かいトーヨーグランドホテルに入浴した後、ダート数キロ底を少し擦ってしまいましたが川北温泉にも入ってきました。
時間おそくなったのでもう一箇所場所だけでも確認しようと思ったものの良く分からすそのままホテルに向かいました。
(2011-08-01)


NEC_4843.jpg
カムイワッカ温泉
カムイワッカ湯の滝★★★★
酸性明礬泉
無料×
北海道斜里郡斜里町遠音別村字岩尾別
シャトルバス1300円で知床自然センターから45分。カムイワッカ川のなだらかな滑滝で簡単に登れる。一の滝より上には監視員がいて登れない。一の滝の滝壺の入浴者は自分だけで独占。滝壺で29度程度でぬるいがずっと浸かっていられる。薄黄色い湯で微明礬臭酸味塩味明礬味がありつるつるで傷口がしみる。しばらくすると指がしわしわになる。


NEC_4845.jpg
瀬石温泉
瀬石温泉★★★★
食塩泉
寸志×
北海道目梨郡羅臼町瀬石
昆布番屋すぐ前にあり海で干潮時のみ入浴出来る。岩で囲った浴槽で固めた隙間からぽこぽこ泡が出ていて適温だった。やや鶯色に濁りがある。53度pH6.1総計4.32グラム、カルシウム95mgマンガン15mg鉄2.4mgアルミ1mg炭酸水素247mg硫酸159mgメタホウ30mgメタケイ168mg二酸化炭素262mg磯臭微土類臭甘塩味渋味ややすべすべに弱いきしきし感があり暖まる。お土産に羅臼昆布を買った。


NEC_4847.jpg
相泊温泉
相泊温泉★★★★
食塩泉
無料×
北海道目梨郡羅臼町相泊
夏期のみ
離島を除く最東端の湯。波消しブロックの内側に小屋掛けしてあり男女別になっている。セセキ温泉より高い位置にある。国後島も見える。コンクリートブロックで囲った浴槽で底にすのこが敷かれ底から湧出している。熱めで水の蛇口が用意されている。やや濁りがある湯。甘い硫黄臭がする甘塩気味微渋味がありすべすべでやや湯上がり突っ張る。


NEC_4848.jpg
羅臼温泉
熊の湯★★★★
含芒硝食塩泉
寸志×9~翌6
北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町
橋をわたった先に脱衣小屋がある。露天の岩囲いの浴槽で熱い源泉がパイプで投入されている。緑がかったやや白濁の湯で鼠色がかった芒硝析出がある。4号井・5号井混合泉77度pH7.3総計1.87グラム、カルシウム10mg硫化水素5.9mg硫酸113mg炭酸水素286mgメタケイ199mg遊離硫化水素3.4mgやや芒硝臭塩気収斂味まろ味すべすべに強いじんじん感がある。


NEC_4849.jpg
トーヨーグランドホテル温泉
トーヨーグランドホテル★★★☆
芒硝食塩泉
無料(500円)○10~23
北海道標津郡中標津町東20条北1
TEL 0153-73-1234
HOの手形で入浴。シティホテルで裏手に温泉専用の入口ある。内湯はタイル張りの浴槽でジェット浴槽は循環あり。露天やや小さめの岩風呂で熱め。夏場は加水あり。薄い灰色の析出がある。46度pH84総計2.65グラム、カルシウム18mg硫酸241mg炭酸水素53mg炭酸イオン24mgメタケイ160mgメタホウ22mg芒硝臭塩味やや収斂味弱い渋味すべすべにきゅきゅとした肌触りがある。
トーヨーグランドホテルのHP

中標津温泉 トーヨーグランドホテル (HTC提供)





NEC_4851.jpg
川北温泉
露天風呂★★★★
含硫黄含ホウ酸重曹食塩泉
無料×24H
北海道標津郡標津町川北1-3
TEL 0153-82-2131
冬期不可
国道からやや穴があるダートの笹の沢林道を5Km行った所にある有志管理の露天風呂。休憩所と男女別の脱衣場と露天風呂がある。夏なので虻が数匹いた。岩囲いにコンクリートの扇形の浴槽でパイプから源泉が投入される。やや熱めで加水用のパイプも用意されている。水色がかった白濁の湯で白い析出がある。59度pH6.1総計8.83グラム、カルシウム103mgマグネシウム19mgアルミ5mg硫酸49mg炭酸水素445mgメタホウ415mg遊離硫化水素17.3mg、焦げ硫黄臭石膏臭塩味苦味渋味すべすべ暖まり汗が出る。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます