So-net無料ブログ作成

平川から青森港までの朝の湯めぐり 鷹ノ羽温泉 大川原温泉 浪岡温泉 石江温泉 [青森県]

前夜は夕食後、東北道を北上して岩手山SAまでたどり着き、北海道行きのフェリーの乗船時間まで朝から湯めぐり開始です。
まずは鷹ノ羽温泉へ行き、黒石の大川原温泉に行った後引き返し浪岡温泉に立寄った後、青森港に近いあさひ温泉で本州最後の入浴です。
青森港から夏季のみ運行のナッチャンで函館へと向かいました。
(2011-07-30)


NEC_4814.jpg
鷹ノ羽温泉
鷹ノ羽温泉★★★★☆
食塩泉
350円×6:30~22:30
青森県平川市本町村元228-3
TEL 0172-42-4526
温泉銭湯。内湯はタイル張りに御影石の縁の主浴槽の水面は静かで綺麗で片側の縁からオーバーフローがざこざこ流れる。やや深めの泡風呂、打たせ湯に、東屋根付きの石張り露天風呂は浴槽内投入。やや錆色がかったクリーム色析出がある。加水ありの本町源泉2号泉51度pH7.7総計8.76グラム、カルシウム138mg鉄0.7mg臭素15mgヨウ素7mg炭酸水素167mgメタケイ152mgメタホウ56mg二酸化炭素29mgややつんとする硫化水素臭金気臭甘塩味出汁味やや渋味入ると直ぐに細かい泡が付きビロードの肌触りがあり、ややきしきし感に弱いベタつき暖まる。カランも金気臭微炭酸臭微炭酸味がある。
鷹ノ羽温泉のHP


NEC_4815.jpg
大川原温泉
ふくじゅ荘★★★★
アルカリ性単純泉
200円×6~21
青森県黒石市大川原字萢森下9
TEL 0172-54-2249
地域の入浴施設。タイル張りの浴槽が2つありそれぞれの湯口から大量に投入されオーバーフローが床を流れる。細かい泡が浮遊し白い析出がある。萢森温泉51度ph8.9総計0.27グラム硫酸22mg炭酸水素74mg炭酸イオン18mgメタケイ78mg甘い芒硝臭甘塩味ややまろ味すべすべでややねっとり感がある。


NEC_4817.jpg
浪岡温泉
浪岡駅前温泉★★★☆
黒湯
300円×10~22
青森県青森市浪岡大字浪岡字細田87-14
TEL 0172-62-7849
駅前の通りにある温泉銭湯。タイル張りの浴槽にライオンの頭の湯口から源泉投入がある。透明度70cm位の黒湯でやや薄い焦げ茶の析出がある。800m掘削の浪岡温泉pH8.9溶存1.06グラム硫酸65mg炭酸水素249mgメタケイ164mgモール臭湯口微硫黄臭甘味ややまろ味弱いぬるすべ感がありさっぱりする。


NEC_4818.jpg
石江温泉
あさひ温泉★★★☆
食塩泉
350円×5~23
青森県青森市富田3-16-50
TEL 017-766-9700
レトロモダンな外観で館内には演歌がかかっている。広く天井の高い浴場の中央にタイル張りに木の縁の主浴槽があり底から泡と供に投入がある。他に子供風呂がある。透明度50cm位のクリームイエローに濁り。45度pH7.7総計4.87グラム、マグネシウム24mgアンモニア0.9mgカルシウム149mg臭素8mg炭酸水素187mgメタケイ120mgつんとするアンモニア臭甘い土類臭すべすべにきしきし感ねっとり感ベタつきがあり暖まるがさっぱりする。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます