So-net無料ブログ作成

湯田川温泉 秘湯を守る会の宿 湯どの庵 と 共同浴場 正面湯 田ノ湯 [山形県]

湯田川温泉の日本秘湯を守る会の宿の湯どの庵に宿泊しました。
湯田川温泉の共同浴場は電子キー式のロックがかかって一般の人は商店等でお金を払って開けてもらいますが、宿泊者は宿からキーを借りることができます。
チェックイン後キーを借りて早速田の湯へと思いましたが、場所わからず温泉街散策ついでに調べて一周したところでようやく入浴。
その後、賑わう正面湯にもはしごしました。
この湯どの庵は木造の本館側は食事処やロビーになっていて宿泊する部屋は奥のRC造りのなんともモダンな造りの内装の部屋になっています。
こちらは湯野浜の亀やの経営なんですね
(2009-10-31)


NEC_2417.jpg
湯田川温泉
田ノ湯共同浴場★★★★
石膏弱食塩泉
(200円)×8~9、11~19
山形県鶴岡市湯田川乙
宿泊者は旅館で鍵を借りて無料。オートロックされており外来は入浴料を支払って近所の人に開けてもらう。路地を入った九兵衛旅館前にある共同浴場。タイル張りに御影石の縁の3人位がやっと入れるくらいの浴槽でライオンの湯口から源泉が投入され適温になっている。桶は無い。湯田川1号泉42度pH8.4総計1.28グラム臭素臭芒硝臭塩気収斂味渋味ねっとり感きしきし感に疲労感があり暖まる。


NEC_2416.jpg
湯田川温泉
正面湯★★★★☆
石膏弱食塩泉
(200円)×8~9、11~19
山形県鶴岡市湯田川乙
立派な瓦葺き屋根の共同浴場。宿泊者は旅館で鍵を借りて無料。オートロックされており外来は商店で入浴料を支払って開けてもらう。夕方で近所の人が次から次へと訪れいっぱい。タイル張りに御影石の縁の浴槽で田ノ湯の3倍の広さがある。御影石の湯口には白い析出があり大量に源泉が投入される。湯田川1号泉42度pH8.4総計1.28グラム臭素臭芒硝臭塩気収斂味渋味ねっとり感引っ掛かるようなきしきし感疲労感があり暖まる。


NEC_2414.jpg
湯田川温泉
湯どの庵★★★★
石膏弱食塩泉
16950円宿泊
山形県鶴岡市湯田川乙38
TEL 0235-35-2200
秘湯を守る会の宿。大正末期建築の本館は改装されラウンジや食事処となっている。
NEC_2415.jpg
板張りの廊下で繋がったRC造り3階建ての宿泊棟の304号室に宿泊。部屋に眺望は無く、ベッドにローテーブルとモダンな内装で床暖房になっている。
NEC_2420.jpg
食事は本館2階食事処で頂く和風創作料理で最後は庄内風芋煮も出てくる。飲み物で頼んだ日本酒の梅酒は美味しかった。良く気が利くサービス。
NEC_2418.jpg
浴場は20時に男女入れ替えで檜風呂は天井高く太い柱と太い梁の浴場で、床は青石張りの総檜の広い浴槽でやや加温された源泉が投入され微臭素臭芒硝臭もある。
NEC_2425.jpg
石風呂は床から浴槽も総御影石造りで寝湯付き。
NEC_2428.jpg
ウッドデッキを渡って行く露天は石造りの浴槽でこちらは投入量とサイズが良い。源泉は共同源泉の湯田川1号泉。
湯どの庵のHP

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます