So-net無料ブログ作成

久慈から水戸をへて 大子温泉 ホテルニュー白亜紀温泉 [茨城県]

下道で何度か来た道の駅奥久慈だいごにある。入浴施設に初めてはいる機会が訪れました。
そのあとは水戸を目指して南下しニュースで見つけた夢の湯探したものの見つからず。
次のホテルニュー白亜紀温泉へとむかいました。
(2009-03-14)


NEC_1541.JPG
大子温泉
道の駅奥久慈だいご★★
硫酸塩泉
無料(500円)○11~20
茨城県久慈郡大子町大字池田2830-1
TEL 0295-72-6111
第1・3水曜休
温泉博士の手形で入浴。道の駅の2階にある。御影石の浴槽にジェット付いて、湯口から温い源泉を投入の加温循環でややカルキ臭がする。ジェットか加温で泡付きがある。御免沢源泉大子町営御免沢1号泉、大子町営御免沢2号泉31度pH8.7総計1.00グラム収斂味ややねっとり感弱い疲労感に後でじんじん感がある。


NEC_1542.JPG
ホテルニュー白亜紀温泉
ホテルニュー白亜紀★★
重曹食塩泉
無料(500円、土日祝700円)○10~16、18~21
茨城県ひたちなか市磯崎町4604
TEL 029-265-7185
第1・3火曜休
温泉博士の手形で入浴。公共の宿で日帰り利用も多い。内湯と露天があり海が見える。加温循環でカルキ臭がする。循環湯口から間欠で温い湯が大量に出る。968m掘削のほんの微かに琥珀色かかった湯で28度pH7.8総計14.77グラム塩味ややまろ味ややぬるすべに暖まり汗が出る。後でじんじん感がある。
ホテルニュー白亜紀のHP

ホテルニュー白亜紀




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます