So-net無料ブログ作成

洞爺湖を半周しオロフレ峠を越える 洞爺村温泉 洞爺月浦温泉 壮瞥温泉 新登別温泉 [北海道]

新見から羊蹄山をまいて洞爺湖までひた走り洞爺湖畔の高台に建つ、洞爺湖村温泉に行きました。
旅番組で見て書き留めていた新しくできた入浴施設ポロモイと壮瞥温泉にもたち寄り洞爺湖を半周して次へ向かいます。
オサル湯に行こうかと思ったもののどこが入り口だか分からない状態だったので素直に引き返し夜間通行止めになるオロフレ峠に向かいました。
宿泊先であるカルルス温泉を通過し、火山系の硫黄臭のする湯に浸かっていないので、新登別温泉に行きました。
(2009-01-18)


NEC_1415.JPG
洞爺村温泉
いこいの家★★★
石膏重曹食塩泉
370円×10~21
北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町199
TEL 0142-82-5177
第1,第3月曜休
公営の温泉施設。浴場は一面がガラス張りで高台にあり洞爺湖の眺めが素晴らしい。タイル張りの浴槽浴に源泉を浴槽内投入で、薄く黄緑かかり微濁り洞爺1号及び洞爺2号の混合41度pH8.0総計1.42グラム甘い土類臭甘塩気弱いまろ味渋味弱いコーティング感きしきし感ねっとり感弱い疲労感がある。


NEC_1416.JPG
洞爺月浦温泉
ポロモイ★★★☆
石膏泉
600円○10~22(11月~3月11~21)
北海道虻田郡洞爺湖町月浦3-8
TEL 0142-75-1030
無休
まだ新しい日帰り温泉。内湯はガラス越しに洞爺湖望める。内湯1ヵ所は1号泉の加温掛け流しで微濁りがある。その他の内湯、露天は2号泉利用の加温循環で二酸化塩素臭があり、露天は岩囲いで白い析出がある。ぽろもい1号泉は1260m掘削で40度pH8.4総計2.48グラムアンモニア臭微硫黄臭弱い甘硫黄味渋味きしきし感じんじん感がある。ぽろもい2号泉は18度pH7.4総計2.17グラムできしきし感がある。
ポロモイのHP


NEC_1418.JPG
壮瞥温泉
湖畔の宿洞爺かわなみ★★★☆
含石膏重曹食塩泉
無料(650円)○11~21(休前日~16)
北海道有珠郡壮瞥町字洞爺湖温泉53
TEL 0142-75-2715
温泉博士の手形で入浴。洞爺湖温泉街から少し離れた湖畔に建つ宿。内湯は30度の非加熱浴槽、42度の加温浴槽、タイル画の広いタイル張りの浴槽がある。岩囲いの露天は屋根付きで白い析出が付着している。川南井源泉32度pH6.7総計2.16グラム微石膏臭甘塩気まろ味渋味きしきし感がある。
湖畔の宿洞爺かわなみのHP

湖畔の宿 洞爺かわなみ





NEC_1421.JPG
新登別温泉
旅館四季★★★★☆
単純硫黄泉
500円△8~21
北海道登別市上登別町42-28
TEL 0143-84-3045
平屋の旅館で部屋には大阪風の名前が付いている。内湯は木造の浴槽にすのこ敷で薄く青灰色がかったやや白濁している。露天はコンクリート造りで浴槽内側が半分溶けており、温泉泥が舞い薄灰色になっている。源泉は登別温泉奥の湯80度pH4.9総計0.55グラム明礬臭微焦げ臭塩気微酸味明礬味つるつるにじんじん感がある。
旅館四季のHP

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます