So-net無料ブログ作成

帯広から屈斜路湖へ 湯源苑温泉 雌阿寒温泉 川湯温泉 [北海道]

珍しく大雪となった帯広市内にあるホテルボストンに向かいました。
湯が良いとのことで前から行きたいと思っていたところです。
この後は、雌阿寒温泉を経由して川湯温泉まで行きます。
ナビを信じて、ぽつんぽつんと牧場しかない道を30cm以上積もったなか進んで行きましたが通行止め。
しょうがないので引き返し、吹雪のなか川湯に向けて先を進むと雌阿寒温泉の看板がありました。
雌阿寒方向の道は、積雪がかなりありましたが、そこは4WDを信じて進みました。
かなりのタイムロスはあったものの来たかいはありました。ちなみに足元湧出の景福もやっているかなと期待したものの、こちらは冬季休業中でした。
タイムロスもあったので調子にのって下り坂を降りていたらスリップ寸前、あわてて逆ハンきったまではよかったものの前にぶつかりそうなためハンドルもまっすぐで大丈夫とおもってブレーキをふんだら、くるりと回転して後ろから雪に突っ込んでしまった。
あせったものの十分減速していたのでかすり傷もなくセーフ。そこからは懲りてカーブでは安全運転を心がけたのでした。
さてどうにか川湯温泉に到着しチェックインし一服したのち共同浴場に歩いて向かいますが、ここでは圧雪の道で滑ってすっころんでしまいました。
共同浴場からの帰り温泉街の公園でイルミネーションをやっていて綺麗でした。
滑ってばかりの1日でしたが、無事は無事、良かったです。
(2009-01-11)


NEC_1338.JPG
湯源苑温泉
ホテルボストン★★★★☆
モール泉
500円△6~24
北海道帯広市西1条南3-15
TEL 0155-23-7015
ヒジネスホテルの温泉。タイル張りの浴槽中央に岩が沈み湯口は湯面より5cm上にパイプが出て、湯口付近には細かい泡を含んで半透明な湯華の固まり付着している。黒褐色でやや熱めの湯。湯源苑(ゆもとえん)温泉46度つんとする匂いに臭素臭甘味弱い渋味硫黄味、ぬるすべ感に泡付き多量でビロードのような肌ざわりがあり暖まり汗がでる。
ホテルボストンのHP


NEC_1340.JPG
雌阿寒温泉
野中温泉別館★★★★☆
重曹硫化水素泉
無料(350円)○9~20
北海道足寄郡足寄町茂足寄
TEL 0156-29-7321
自遊人のパスポートで入浴。通年営業の国民宿舎。内湯は木造湯小屋の木造浴槽で白い湯華が沈んでいる。凍った扉を開けると雪の中に岩囲い露天があり微かに白濁して白い消しカス状湯華沈む。雌阿寒温泉野中温泉3号42度pH6.0総計4.22グラム揮発油臭つんとする硫化水素臭微酸味エグミ渋味ややつるつるして、さっぱり感があり心臓どきどきする。
野中温泉別館のHP


NEC_1345.JPG
川湯温泉
公衆浴場★★★★
酸性食塩泉
250円×8~20
北海道川上郡弟子屈町字川湯温泉
TEL 01548-3-2043
1日、15日休
組合運営の年季の入った公衆浴場。タイル張りの浴槽で仕切りがあり。それぞれ温泉と温い直湯になっている。細かい白い湯華少し舞う。源泉は44度pH1.8総計4.13グラム緑明礬臭強い酸味塩気明礬味マイルドな浴感、後でじんじん感やや疲労感があり。直湯は微酸味ややつるつるがあり温度が不感温度に近く浴感が良い。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます