So-net無料ブログ作成

秘湯を守る会の宿 妙見温泉 おりはし旅館 [鹿児島県]

台風が一層と近づき風も強くなってきた鹿児島市内のそう明館行われている天璋院篤姫展にいったあと西郷像を車中から見て妙見温泉に向かいました。
宿泊先は秘湯を守る会の宿である妙見温泉のおりはし旅館です。
大正時代に建築された木造の本館に宿泊しました。台風の風は盆地にあるため強くないとのことでしたが、夕方には去ってしまい静かな夜を過ごすことが出来ました。
(2008-09-18)


NEC_0870.JPG
妙見温泉
おりはし旅館山水荘★★★★★
本館宿泊12250円
TEL 0995-77-2104
秘湯を守る会の宿で大正時代建築された木造本館、リーズナブルなキズ湯のある別館の山水館、離れなどある。
NEC_0871.JPG
本館2階の8畳と6畳の二間に宿泊した。縁側など趣がある。
NEC_0877.JPG
食事は部屋出しで鮎のお造りなど珍しく美味しかった。山水館内湯には2つ浴槽があり、
NEC_0875.JPG
キズ湯はタイル張りの狭い扇形の浴槽で夜は20:30まで。やや濁りで茶色の析出があり、オレンジに近いふわふわの湯華が大量に舞う。源泉は自噴のキズ湯33度pH6.8総計1.83グラム甘い香り甘味微金味弱い発泡味やや渋味ねっとり感すべきし感さわさわ感泡付きもある。
NEC_0874.JPG
もう一つの竹の湯はタイル張りの扇形の浴槽で、やや薄い鶯色に濁り茶色の析出がある。冷泉16度pH7.0総計0.17メタ硅やや渋味と熱めの湯51度pH6.3総計3.10グラムの混合で金気臭金味エグミきしきし感がある。
NEC_0876.JPG
露天風呂は広く白っぽい濁り、
NEC_0875.JPG
本館内湯は扇形タイル張りで冷泉も投入薄い黒ずんだ鶯色油浮く、内湯の梅の湯はやや小さい浴槽で打たせ付き46度pH6.4総計2.21グラム金気臭甘味ややエグミ微鉄味がある。
おりはし旅館のHP
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます