So-net無料ブログ作成

玉川やどり温泉 から 高野山を経て 龍神温泉 へ [和歌山県]

名阪国道から一部有料の西名阪自動車道を通ったもののそれ以降は高架の立派なバイパスがあり橋本まではスムーズに到着しました。ここから朝風呂に玉川やどり温泉へと細い山道のR371号を進みます。
このまま高野山まで進みたかったものの工事中で少し引き返して向いました。
高野山では奥の院など数多くの有名人のお墓を見学した後、金剛峰寺方面で少々散策し宿泊先の龍神温泉へ向います。
護摩山を通る高野龍神スカイラインも数日前から雪が降っていないか凍っていないかをライブカメラで確認していましたが、晴天で道の脇には雪が残るものの通行には問題なでした。
(2008-03-15)


NEC_0061.JPG
玉川やどり温泉
宿りいやしの湯★★
循環硫黄冷鉱泉
520円○9~19
和歌山県橋本市北宿5
TEL 0736-32-8000
金土日祝のみ営業
細い道を10km進んた所にあり、上の食堂で受付。タイルの小さめの浴槽に冷たい源泉をチョロチョロ投入しながら浴槽内の加温循環で加温泡が付く。玉川やどり温泉17度pH8.0総計1.6グラム鉱泉系の硫黄臭塩気微硫黄味まろ味がありやや滑々がある。脱衣場のマットが匂ったのが難。
橋本市観光協会のHP


NEC_0069.JPG
龍神温泉
元湯★★★★
重曹泉
450円(600円)○7~21(6月~9月6~)
和歌山県田辺市龍神村龍神37
TEL 0739-79-0726
宿泊者は入湯税免除の券がもらえる。役の行者小角の発見で弘法大師が難陀龍王の夢のお告げで浴場開いた伝説から龍神温泉とついたらしい。内湯が2つに露天があり。露天は利用が多くやや濁り。珪素臭にアンモニア臭甘味まろ味、滑々がある。少し離れた温泉寺の上源泉2ヵ所並ぶ。源泉地番は36の2で下の湯?
龍神観光協会のHP
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます