So-net無料ブログ作成

芦ノ湯温泉きのくにや [神奈川県]

日曜に箱根で予定が入ったため、せっかくならと宿泊をすることにして、直前までどこにしようかと迷った結果。きのくにや遊仙観が出てきたのでここに決めました。
目的は貸し切りの正徳の湯なんです。
でなるべく、正徳の湯を早いうちに浸かろうとチェックインも早めにしました。
(2007-12-15)



芦ノ湯温泉
きのくにや★★★★☆
硫黄泉
宿泊(1000円2H)○12:30~16
神奈川県足柄下郡箱根町芦之湯8
TEL 0460-83-7045
無休

別館の遊仙観に宿泊した。

本館は木造の湯治宿風。

別館貴賓殿の露天山嵐の湯は湯の花揚湯2号泉箱根町供給泉芦之湯系列62度pH7.9総計1.0グラム重曹系の循環で弱い硫黄味があり、ほぼ透明でカルシウムが浮く。

内湯はタイルの浴槽で縁が御影石。源泉は芦之湯温泉底無しの湯黄金湯(2番)台帳芦之湯第3、6号混合泉34度pH7.6総計0.63グラム冬期加温の適温でやや濁り、5本竹パイプから底無しの湯、十三番の湯、達磨の湯、仙液の湯、黄金の湯とあり十三番の湯口から温度低めで硫化水素臭強い玉子臭石膏臭甘味微アルミ味、達磨の湯と黄金の湯から微焦げ硫黄臭石膏臭がする。

貸し切りの正徳の湯は正方形の木の浴槽が2つ片側白濁白い湯華が舞うぬる湯でさわさわ感さっぱり感。湯口から投入される源泉は、芦之湯一号泉無量の湯37度pH6.6総計0.83グラムの加温で硫化水素臭玉子臭アルミ臭硫黄味重曹味微酸味アルミ味渋味。もう一方は湯の花2号泉がパイプで直接投入され焦げ硫黄臭があり黒い湯華が沈殿している。

本館湯香殿の露天芦ノ湖周遊風呂は岩囲いで底が丸タイルの浴槽で湯の花2号泉。

神遊の湯の瓶風呂は青白濁で硫化水素臭があり、白い湯華が沈殿し少し黒い湯華も浮かぶ。芦の湯3、6号混合泉の非加熱で冷たいが産毛にびっしり湯華が付き爽やかでつるつるする。

内湯はやや濁りの循環あり。36年の分析で黄金湯42度pH7.4総計0.86グラム、底無しの湯39度pH7.3総計0.9グラム、達磨湯34度pH7.6総計0.56グラム、仙液湯42度pH7.3総計0.98グラムが掲示されていた。
きのくにやのHP

楽天で予約 芦ノ湯温泉 美肌の湯きのくにや 遊仙観

楽天で予約 芦之湯温泉 美肌の湯 きのくにや(本館)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます