So-net無料ブログ作成

雲仙温泉 湯巡り その2 [長崎県]

引き続き雲仙温泉での湯巡り。
老舗の九州ホテルや有明ホテルの源泉はさすがと感じさせます。
ばて気味ながら、まだまだ続けます。湯元ホテルがお休みで入れ無かったのが残念でしたが、夕食後も一休みして、共同浴場と新湯ホテルにて浸かりました。
(2007-09-11)



雲仙温泉
九州ホテル★★★★
酸性明礬泉
無料(1200円)○11:30~15(食事付入浴は11:30~14)
長崎県雲仙市小浜町雲仙320
TEL 0957-73-3234
無休
JTBの湯めぐりパスポートで利用。なかなか評判の良いホテル。レストランは地獄が目の前。51度pH2.4総計0.63グラムひのきの湯浴場の内湯は底は石貼りで循環し透明。露天は庭園風で岩囲いでこじんまり。源泉はちょろちょろ投入され、青がかった濁りで底に白い湯華が溜まる。泥臭があり、甘味酸味アルミ味。つるきし感じんじん感がある。大地の湯浴場は内湯は青がかったやや濁り。地獄が見える露天は青がかった濁りで加水されレモン味がする。地熱で暖かい場所がある。
九州ホテルのHP



雲仙温泉
有明ホテル★★★★
酸性緑明礬泉
525円14~15:30(食事付入浴は~15、17~20)
長崎県雲仙市小浜町雲仙380
TEL 0957-73-3206
無休
JTBの湯めぐりパスポートで利用。外国人向けに設立されたリゾートホテル。露天普賢の湯は岩囲い浴槽で源泉は浴槽内投入され、薄い緑がかった灰濁りで微焦げ硫黄臭明礬臭微泥臭強い酸味緑礬味渋味があり、つるつるし、温度がありじんじん感もある。内湯は南蛮絵が描かれたタイルが印象的で細い白い湯華が舞う。こちらは、加水され甘味酸味緑礬味がある。源泉は清七地獄からの引き湯で76度pH2.4総計0.76グラム。
有明ホテルのHP



雲仙温泉
新湯共同浴場★★★★☆
酸性明礬泉
100円×9~23
長崎県雲仙市小浜町雲仙
近くの商店で入浴券を買ったが、入り口に券売機があった。石板の床と浴槽で源泉2本投入され適温。青がかった白濁で硫化水素臭明礬臭にじんじん感がある。熱い湯の源泉は硫黄味やや酸味微エグミ。中温の源泉は酸味明礬味。掲示は53度pH2.4総計0.64グラム。
雲仙観光協会のHP



雲仙温泉
新湯ホテル★★★★
酸性明礬泉
無料(800円)◎11~15:30
長崎県雲仙市小浜町雲仙32TEL 0957ー73ー3301
JTBの湯めぐりパスポートで利用。地下庭園露天風呂を利用。露天と内湯はつながっている。照明が電球でわかりづらいが緑がかった濁り。新湯ホテル第1源泉55度pH3.5総計0.47グラム硫化水素臭アンモニア臭微明礬臭、酸味微泥味渋味があり、つるつる感が強めでじんじん感もある。
新湯ホテルのHP


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます