So-net無料ブログ作成

日光湯元温泉 風邪湯治 [栃木県]

日光いろは坂をせっせと登り、美しく開けた戦場ヶ原を抜け湯元へ。
湯元には僅かながら、雪も残り気温は3度で寒い。もうすぐ、雪の季節の温泉寺は今期は12月11日までらしいので丁度間に合いました。
熱めのお湯に1時間みっちり浸かってへとへとながら、風邪もすこし吹き飛んだ感じ。
全快とはいかないまでも、一応湯治完了です。
(2006-12-02)



日光湯元温泉
温泉寺★★★★★
硫黄重曹泉
500円(1H)△10~15
栃木県日光市湯元
TEL 0288-55-0013
12月下旬~4月上旬休
お寺の湯で木造浴槽にパイプから投入される源泉は奥日光開発7号泉で乳白色に黄緑白い湯華。硫化水素臭米糠臭酸味エグミに苦みがある。きしきし感、強いじんじん感どきどき感と強力。湯上がりかさつや。お茶とお茶受けが湯上がりに用意される。多量の硫黄成分でしばらく硫黄臭はとれない。
湯元温泉寺のHP



光徳温泉
日光アストリアホテル★★★★
硫黄石膏泉
500円(1000円)○12:30~16:30
栃木県日光市光徳
TEL 0288-55-0585
無休
クーポンで半額。光徳にあるホテルで奥日光開発1,2号泉の湯元からの引き湯。硫化水素臭に微石膏臭ややきしきし感がある。内湯は加水2割位で薄乳白色に青緑がかり、ややじんじん感にねっとり感がある。露天は囲いがあるが林の中にある。湯口は硫黄で乳黄色で硫化水素臭はまだ十分残っている。湯上がりじんじん感も残る。
日光アストリアホテルのHP


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます