So-net無料ブログ作成

東伊豆と中伊豆の温泉を進む [静岡県]

東伊豆を行く前に、年末の渋滞があると脅されましたが、熱海に入るまでは、朝早いこともあり、順調に進みます。
熱海では山田湯を探すのに道を間違えて少しタイムロス。
おかげで熱海から伊東の先まで渋滞に捕まってしまいました。ガクッ!
その後海辺の露天風呂をめぐって下田から夕方には千人風呂で有名な金谷旅館まで。
食事どころを探して蓮台寺温泉を探索しましたが、とくによさそうなところも見当たらなかったため、
一気に天城越えで、本日の宿泊地の大仁を目指し道すがらの、伊豆温泉会館で夕食兼お風呂をとりホテルに入ます。
さすがに伊豆1周に温泉でへとへとで一旦仮眠。
が、そこは大仁温泉ということで、深夜にむくむくと起きだして、ホテルの浴場に向かいます。
さらに修善寺の独鈷の湯を目指す・・・・・・にはいたらず。
さすがに無理でした体力はすでに尽きていた。
今度は、行くぞ!修善寺温泉。
(2005-12-29)



熱海温泉
山田湯★★★
弱食塩泉
250円×8~11,3:30~21
静岡県熱海市和田町3
TEL0557-81-9635
金城館前から和田川沿いに道なりに進む。看板等はないので住民のかたに場所を聞いた。ねんきの入った小判型のタイル張りの浴槽に湯が張ってあり、お湯は止めてありその都度お湯を出すようになっている。塩気のある湯で、ざらつく感じがあり、湯上がりはかさつや。
熱海市観光協会のHP



網代温泉
平鶴★★★★
石膏食塩泉
無料(1050円)○11:30~16,18~20
静岡県熱海市下多賀493
TEL0557-67-2221
不定休
自遊人の温泉パスポート利用。熱海からの渋滞中の網代の国道沿いにあり、料理レストランも大きい。内湯と露天風呂とも大きめの浴槽にどばどば掛け流し。露天風呂は海に張り出す形で作られており、海鵜の捕食風景を観ながらつかる。湯は甘い香がし、強い塩味渋味がありねっとり感もある。
平鶴のHP



大川温泉
磯の湯★★★
食塩泉
500円×11~18
静岡県賀茂郡東伊豆町大川
駐車場は国道を挟んで反対側で露天風呂入浴者は無料で露天風呂までヒューム管を通って行ける。岩で囲ったコンクリート浴槽で湯に浸かりながらだと、石垣で海は見えない。温泉臭に塩味があり、ねっとり感。湯上がりはすべすべする。昔は赤茶色の濁りがあったらしい。
東伊豆町観光協会のHP



北川温泉
黒根岩風呂★★
食塩泉
600円×
静岡県賀茂郡東伊豆町北川温泉
TEL0557-23-3997
金,土,日,祝6:30~9:30,13~23月~木6:30~9:30,16~23女性専用タイム19~21
アメリカが見えるで有名な露天風呂で岩にペンキで書いてある。片側は天然の岩壁になっており、熱い温泉がちょろちょろと流されている。源泉は鉄臭があり塩味と渋味があり、浴槽内は茶色濁りがあり、湯量少なく温く淀んだ匂いでくさいし、バスタオル巻きも可でありでゴミも多く汚い。眺めは海水面に近く良い。
北川温泉のHP



熱川温泉
高磯の湯★★
循環食塩泉
600円×9:30~17
賀茂郡東伊豆町熱川
TEL0557-23-1505
無休
円遊で昼食と温泉を兼て行ったがランチタイムが丁度終了したところだったため、こちらに立ち寄る。冬期の空っぽのプールの横を抜けて更衣室に向かう。中央から強力に循環した食塩泉が出ており、温泉臭に塩味で、きしきし感がある。
熱川温泉のHP



河内温泉
金谷旅館★★★★
単純泉
1000円△9~20(オフシーズンの平日700円)
静岡県下田市河内114-2
TEL0558-22-0325
源泉オボクの湯は単純泉で温い湯口は、臭素臭があり熱い湯口の方は、匂いが解らなかったが甘い味がする。浴室は湯気が充満しており、千人風呂で有名な檜風呂は湯の投入が工夫され温度調整されている。内湯から直接開き扉をあけて露天風呂にいける。そこそこ暖まる湯。
金谷旅館のHP



青羽根温泉
湯の国会館★★★
硫酸塩泉
800円○10~21
静岡県伊豆市青羽根188
TEL0558-87-1192
水休(祝は翌休)及び年末年始
下田から天城越えで修善寺方向に向かうが天城の温泉会館は食事処が終わっていたため通り越して、看板頼りに立ち寄った。レストランは客がいなく、少し不安だったが、お腹がすいていたた為、900円のミニエビフライ定食を頼むが茶碗蒸しに味がないなどいまいち。内湯は、カルキ臭はなく新湯の注入率まずまずだが、露天風呂はカルキのする臭循環風呂。青根の湯は2グラムの硫酸塩泉で後から疲労感がある。HP割引あり。
湯の国会館のHP



大仁温泉
大仁ホテル★★★
単純泉
宿泊(1000円)○15~23
静岡県伊豆の国市吉田1178
TEL0559-76-1111
宿泊したプリンス系のホテル。現役時代の巨人長島の逗留先だったらしい。朝からの伊豆の温泉巡りで疲れてうと寝のあとの深夜の入浴。総計0.4グラムで甘い味で弱いねっとり感がある。内湯は源泉を投入されている。浴室と浴槽の床は三波石で手摺りは大理石の豪華仕様。露天風呂は完全に循環で二酸化塩素の匂いがする。
大仁ホテルのHP


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 1

コメント 3

ムンチョバ

101番のムンチョバです~♪
関連記事からきましたの~^^v
こちらは本当に湯気の出そうな記事ばかりで温まりますね(●^ー^●)
これからよろしくお願いします~♪
by ムンチョバ (2006-04-11 10:10) 

温泉旅人

ムンチョバさん初めまして。
GWは日本海側をまわり兵庫北部の温泉を訪れる予定です。
よろしくお願いします。
by 温泉旅人 (2006-04-11 22:47) 

ムンチョバ

楽しみにしてますよ♪
by ムンチョバ (2006-04-15 09:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます