So-net無料ブログ作成

喜連川温泉と上河内温泉 [栃木県]

栃木の温泉郷も数多くありますが、ここ喜連川は新興の切削による温泉郷です。
喜連川早乙女温泉は以前、入っていますが、今回は、喜連川温泉をまわってみました。
帰りに、上河内温泉梵天の湯に入ってみましたが、100%源泉掛け流しの表記でしたが、次亜塩素酸ナトリウム大量投入のオーバーフローで表記はうそですね。



喜連川温泉
道の駅きつれがわ★★★
食塩泉
500円10~23○
栃木県さくら市喜連川4145ー10
TEL028-686-8180
第4月休
当日の浴室は荒川の湯で、内湯は循環だが露天風呂は掛け流しされていた。薄い茶色のお湯は喜連川4号泉で硫黄を含む10グラムの食塩泉つんとする油臭は二酸化塩素のせい。
さくら市のHP



喜連川温泉
露天風呂★★★
食塩泉
300円8~21×
栃木県さくら市喜連川871ー2
TEL028-686-5047
第2月休
第2温泉浴場喜連川2号泉10グラム油臭に硫化水素臭もする広いが人も多い湯口泡が残る。後から効いてきた。まあ地元の人が多いのも納得。
さくら市のHP



喜連川温泉
もとゆ★★★
食塩泉
300円7~21×
栃木県さくら市喜連川6620ー1
TEL028-686-3484
第1月休
別名は第1温泉浴場で立地は細い道を通って行かなければならない。内湯は循環だが露天風呂は掛け流しで、喜連川1、3号混合泉7グラムビニールのような甘い油臭塩気油の味が強い。黄色で軽いじんじん感もある。
さくら市のHP



上河内温泉
梵天の湯★
カルキ硫酸塩泉
500円10~21○
栃木県河内郡上河内町今里18ー4
TEL028ー674ー8963
木曜休
かなりの人気施設で露天風呂は掛け流しの1グラムの硫酸を含む透明な湯。温泉臭にカルキ臭。これだけのいい成分なのに塩素投入されてとても残念。
梵天の湯のHP


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます