So-net無料ブログ作成

浅間隠温泉郷 2湯 [群馬県]

浅間隠温泉郷は3つの温泉がありますがもともとは、鳩の湯と呼ばれていたらしい。昨年の秋に訪問しましたが、紅葉のハイシーズンで日帰りを断られたので今回リベンジで訪問しました。3箇所すべて入って帰るつもりでしたが、2箇所目の鳩の湯で満足して帰りました。温川温泉白雲荘はまた今度の楽しみです。



薬師温泉
旅籠★★
循環土類泉
1200円○11~16
群馬県吾妻郡吾妻町本宿3330-20
TEL0279-69-2422
萱ぶきの旧家が移築されており、手前の薬湯は入口で暗証番号を入れてロックを解除する。綺麗に作られているが循環である。滝見の露天風呂はフロントを進んでエレベーターを降りた先にある。微白濁で微かなじんじん感がある。加温されており、二酸化塩素による臭いがきつすぎる。
薬師温泉旅籠のHP



鳩ノ湯温泉
三鳩樓★★★★★
炭酸土類硫酸塩泉
800円○11~16
群馬県吾妻郡吾妻町本宿3314
TEL0279-69-2421
無休(臨時休あり)
鳩の湯は炭酸による間歇泉で数分間隔で温泉がでてくる。内湯は温度維持の為二十㌢の幅の桧の板十数枚で蓋がされて入る時めくる仕組み。時期により変わるらしいがこの時は黄色っぽい乳白色で塩気と微かなエグミで微温泉臭がある。軽いじんじん感フッ素がある三グラムの成分で後で眠気を誘う。露天風呂は半露天の雰囲気で膜が張って泡が浮いていた。底が冷たく掻き混ぜで温めの温度となり長湯をしてしまった。入口には元首相中曽根康弘筆の看板が掛かっている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます